ケノンで口周り・ホホ・アゴ・アゴ下の脱毛.クチビルへの照射には要注意!

顔のムダ毛でもっとも気になる部分が、口周りからホホ・アゴにかけてのラインです。男性ではほぼヒゲに該当する箇所ですね。女性でもこの部分の宇部花が濃く、まるでヒゲのように見える状態があります。

実際に女性でもアゴや口元・・口角の上あたりに男性のような太いヒゲが数本生えているという人も。これは女性でも多少なりとも男性ホルモンの分泌があることが原因で起こる現象で、特に不思議ことでもなんでもありません。

女性でも男性ホルモンの影響でヒゲが濃くなることがあるってホント?!

ケノン 口
女性の社会進出が進みキャリアを望む女性が増え、「男性も顔負け」とばかりにバリバリと働く女性たち。

その一方でストレスによるホルモンの異常で男性ホルモンが増加し、体毛が濃くなったり毛髪が薄くなったりする女性のオス化現象が話題になっています。

ヒゲもそのひとつで、通常であれば正常なホルモン分泌の女性にはヒゲは生えないものです。ところが、実際に男性と同じように濃くて太い毛が口の周りにポツポツと生えてきた!という女性が増加しているのです。

そのような現象を食い止めるためには、ホルモンを正常な状態に戻すことが重要なのですが仕事を辞めるわけにもいかず、環境が変わらない状況では改善するのは不可能に近い。

となると、「とにかく自分で処理するしかない!」ということになります。

ケノンで口周り・ホホ・アゴのライン全てをスッキリと脱毛できる?!

ケノンでは鼻より下の部分は余裕で脱毛処理することが可能です(顔の中では鼻より下の部位は正規販売メーカーも脱毛を推奨しています)。なので安心して堂々と処理をおこなってください。

といっても、やはりそれなりに注意すべき点はいくつかありますので、その辺を解説していこうと思います。

|口周り.

「口周り」といっても ”鼻下” に関してはまた別ページで詳しく解説していますのでここでは割愛します。ということでここでの口周りは、口角よりも下ということで説明させていただきます。といっても「どこ?」となってしまいますので、ホホやアゴではなく、あくまでも「クチビル周り」ということで。

鼻下以外で気になる口元の産毛というと、下唇のすぐ下あたりに生えている産毛。ちょうどクチビルとアゴの窪んだ辺りですね。その部分にモッサリと産毛が生えている人は意外と多いのではないでしょうか。

クチビル周りの脱毛は、照射する際にフラッシュ光がクチビルに当たらないように注意することが重要です。

クチビルは非常に皮膚が薄いため、その下にある血液の色がそのまま反映されていることから、ピンクや赤・紫など様々な色を見ることができます。つまり唇を見れば健康状態が一目でわかるというくらい。

健康的な色はピンクや赤っぽい唇で、紫や白・青っぽいクチビルなどは、なんらかの体の不調をきたしているということが考えられます。

そんな皮膚の薄い唇にフラッシュ光を照射してしまうと、ひどい場合は「白抜け」といって唇の色が変化してしまう症状に見舞われます。

フラッシュ脱毛に使われる分散型の比較的弱い光では、そこまで重篤な症状は現れないにしても、例えばレーザー脱毛で使われるレーザー光を直接唇に当てるなどした場合、そのような症状が起こる危険があるようです。

ですがたとえフラッシュ脱毛といってもケノンのストロングカートリッジのように強力なパワーの光を照射できるものでは、そのようなリスクも十分に考えられます。用心するに越したことはありません。

|”クチビル” への照射を避ける方法は?

産毛というのはだいたいクチビルのキワからフサフサと生えています。よって、このキワキワの産毛から脱毛処理をしようと思ったらどうしても唇にフラッシュが当たってしまう・・

そこで、このキワッキワの産毛を処理するためには、上唇と下唇を真一文字に結んで口の中に収納?する方法が有効かと。要するに「突き出す」のではなく「引っ込める」感じです。

バンソーコーやガーゼを利用して保護するという手もありますが、結構な手間になりますしキチンと唇の形に覆うのは難しく、照射がムラになってしまうおそれがあります。結局イチバン手っ取り早い方法がクチビルをギュッと結ぶこと。しっかりと内側に入れ込んでしまえば、フラッシュの光が当たらないようにするのは可能です。

逆に巻き込みすぎてしまうと、また微妙にチョコっとだけ産毛が残った状態になるのでみっともないかも。鏡を見ながら、設定は常に手動モードで、1回1回の照射を丁寧に確実に打ちましょう!

|口周りに最適なカートリッジはどれ?

口周りへの照射は、範囲が狭い部分なのでケノンの中で最も照射面積の狭い『ストロングカートリッジ』がオススメです。旧バージョンのケノンをお持ちのかたで ”スリムカートリッジ” が使えるタイプのものでしたらスリムCTもオススメです!
口径はストロングCTと同じで細かい部分の照射が可能です!

|ホホ.

頬の産毛は特になにも考える必要はありません。顔の中ではイチバン面積が広い部分なので照射しやすいです。

この部分はカートリッジを使い分けると、ショット数の削減ができカートリッジの寿命的にも脱毛効果的にも有効です。頬のイチバン広い部分はエクストララージCTで目元付近や耳のモミアゲの部分などは面積の狭いストロングCTで、という具合。

|アゴ・アゴ下ライン.

アゴの部分も稀にヒゲが生えている女性がいます。生えているといっても女性の場合、数本ポツポツと生えている感じでモッサリということはないので、ここも普通に照射して問題ありません。

アゴからアゴ下ラインは何も遮るものはありませんからバシバシ打ってOKです。この部分のオススメカートリッジは、やはりストロングCTですね。ヒゲのような剛毛にも対処できます。

口周り・ホホ・アゴ・アゴ下の照射レベルはどれくらいがいいの?

最適な照射レベルは痛みの度合いによってどうしても個人差が出てくる部分です。

ストロングカートリッジ使用時で脱毛効果が期待できる照射レベルは、普通肌の人だとレベル5以上から。敏感肌だと感じる場合は3〜4くらいが限界かもしれません。比較的刺激には強いという人は高レベルの7〜9 もしくは最高レベル10での照射もアリです。

確実に効果を実感したいのなら、多少の痛みを我慢してもレベル10のシングルショットがオススメです!

ただ、くれぐれも「過信をしないこと」。つまり「自分の肌だったらこれくらいのレベルで大丈夫」という思い込みですね。皮膚の状態というのは、体調や環境によって微妙に違ってきます。それがたとえ同じ部位であってもです。

毎回必ず最初のショット時は低いレベルからの照射を習慣づけるようにしましょう!

口周り・ホホ・アゴ・アゴ下 脱毛時の注意点.

では、全体的に鼻から下部分の脱毛処理時での注意点をまとめてみましょう!

1)クチビルへの照射はNG.
2)照射前のクーリングを徹底する.
3)部位によってはカートリッジを使い分ける.
4)髪やモミアゲなど抜けて欲しくない部位の誤照射に気をつける.
5)照射後の保湿は絶対!
6)照射開始は必ず低いレベルから!

これらの注意点は、ケノンでの照射時のリスクを軽減するために必要で、脱毛効果にも直結する項目なので極力守って安全な脱毛を!

口周り・アゴのヒゲの改善はホルモンバランスの改善も重要!

冒頭でも述べましたが、女性の産毛が濃くなったり本当にヒゲが生えたりする原因は、ホルモンバランスが大きく関係しています。

基本的には女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌の方が多いものなのですが、ホルモンバランスが安定していれば男性ホルモンの量が多くても女性ホルモンの方が優位になり体毛にそれほど影響はありません。

ところがホルモンバランスが崩れ女性ホルモンよりも男性ホルモンのほうが優位になってしまうことによって男性に見られるような現象が女性にも起こってしまうワケです。ホルモンバランスが崩れる主な原因には次のような要因があげられます。
・ストレス.
・睡眠不足.
・偏った食生活.

仕事メインの生活で、普段の基本的な生活習慣がおろそかになるとホルモンバランスが崩れるということ。どんなに忙しくても栄養バランスを考えた食生活を自分なりに工夫して、「気を使う」こと。このちょっとした気配りでかなり改善されるのではないでしょうか。

日頃の直接的な脱毛処理だけでなく、体の内側からも薄毛になれるように女性ホルモンの分泌を活発化していく努力も大切です。
 
 
脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」
ケノン 口