ケノンで目の周り・オデコの脱毛がしたい!目の周りの危険回避方法.

ケノンは基本的に正規販売メーカーの規制により鼻から上への照射ができません。ですがそこは自分専用の家庭用脱毛器ということで「自己責任」の範囲内で身体中あらゆる部位の脱毛が可能になります。

目元周りやオデコもそのような部位のひとつ。通常であればフラッシュを照射するのは完全NGです。

ケノンで産毛ボーボーの目元(コメカミ)とオデコを脱毛したいけど、どうすればいい?

ケノン 目
鼻から下は脱毛サロンあるいは医療クリニックで脱毛処理をしてもらえたとしても、それ以外の顔の部位はそのままというのは、産毛が薄くて目立たない人はいいかもしれませんが濃い人の場合は困りものです。

うっかり放置してしまったら、鼻から上だけ産毛ボーボー状態。オデコはまあ前髪で隠せるとしても目元部分は無理。「なんとか鼻から上の産毛も脱毛してしまいたい!」という人に、ケノンでの脱毛方法を解説したいと思います!

オデコや目元付近は細心の注意が必要になりますので、ちょっとでも気を抜かないように万全の準備と気合で乗り切りましょう!

コメカミからオデコには見えない産毛がけっこう生えてる!!

顔は全体的にうっすらとした産毛で覆われているものです。その産毛が「うっすら」ならいいのですが、メラニン色素をしっかり持っている産毛の場合だと問題あり。

まず産毛が生えているだけで顔のトーンが暗くなります。おまけに顔の輪郭がくっきりと黒く縁取られるのは日常茶飯事。おまけに心なしか毛並みで綺麗に流れを作っている始末。こうなってくると産毛といえども脱毛対象に値する立派なムダ毛。

おそらくシェービングをした後のカミソリには黒々とした毛がモサっと付いているハズ。せっかくお肌をキレイにしても産毛があることで透明感が失われて綺麗な肌も綺麗に見えなくなってしまいます。

そんな産毛はケノンで脱毛してしまいましょう!まずは目元近くのコメカミ周辺の産毛から!

ケノンで目元(コメカミ)を照射するのはちょっと不安なんだけど・・

脱毛サロンや医療クリニック、そしてケノンなどの脱毛に使われる光は全て人体には影響を及ぼさない ”可視光線” が使われています。太陽光に含まれる有害な紫外線などは全てカットされます。

なので、直接目に向かってフラッシュを照射する というようなことでもない限り「サングラス越しに漏れた光を見た」といったようなシチュエーションでは、特に重大な 後遺症が残るようなトラブルはおきません。

ケノン 目
よほど心配な場合は、右図のような感じで、目元も脱毛OKの脱毛サロンがしているように、目の上に保護ガーゼのような布をおき、さらにその上から水泳用のゴーグルを装着するなどの対策をすると万全です。

コメカミ部分を照射する際は、ガーゼとゴーグルのヒモ部分を避けるように、ハンドピースを持っていないほうの手で押さえつつ照射するといった感じです。そのときゴーグルを持っているほうの手でしっかりと目をゴーグルで抑えて光が入らないようにすることが重要です。

オデコへの照射は髪との境目に注意!

コメカミへの照射が終了したら、そのまま引き続いてオデコへと移りましょう。女性のおでこはほとんどの場合起伏(膨らみ)があるので、カートリッジを当てるのが難しい部位でもあります。

コメカミに近い部分はカートリッジを縦にしたり、おでこの中央部分は横に など自分なりに工夫をしてなるべく照射漏れのないよう、そしてできるだけカートリッジのフレーム部分が肌にピッタリと当たった状態で照射をするようにしましょう。

ケノン本体についている鏡を活用して、設定を「手動モード」に切り替え 1回1回の照射を丁寧に!

オデコを照射するときの注意点!

・髪へ照射することのないように気をつける.
オデコは髪との境目なので、どうしても髪の毛にもフラッシュが当たってしまうというリスクがあります。

ケノンはフラッシュ式の脱毛器なので永久脱毛ではありません。なので万が一髪の毛を照射して抜けてしまっても、必ずまた生えてくるので心配はありませんが、伸びるまでの間がちょっと大変かもしれません。

人によっては狭いオデコをなんとかしようと、ひたいから2㎝程度の前髪をいったん剃り、前髪との境部分にのみフラッシュを照射したそうです。

そうして生えてきた髪が、いい感じに細く柔らかい毛になって生えてきたため自然な感じでオデコが広く見えるようになった。というような例もあります。

目元やオデコへの照射はなん回目くらいから効果を実感できる?

顔の産毛への照射は、比較的早く効果を実感することができます。早い人ではだいたい2回目の照射後から。遅くても5回目には、「なんとなく生えてくるのが遅い気がする・・」というような漠然とした効果を感じるようになります

産毛の場合、毛質的にもそこまで目に見えて変化を感じるということがないため、効果を実感するのにも若干時間がかかってしまうようです。ですが、顔脱毛を体験した人のほとんどがほぼ確実に効果を得ることができているという事実!

目元やオデコへの照射に最適なカートリッジはどれ?

目元付近やオデコへの照射に使うカートリッジは当然ですが、できるだけ口径の小さい、面積の狭いカートリッジであればあるほどイイです。

より細かい照射ができますので照射漏れの心配もなく、目元・オデコに隙間なく打てるでしょう。

ケノン最新バージョン(Ver7.1)では「ストロングCT」が最適です。その他の古いバージョンのケノンにも共通してストロングCTは幅広く使うことができるカートリッジといえます

出力も最強ですし、何より口径が小さいので顔などの起伏が激しく、より細かい照射を求められる部位への使用に適しています。肌が弱い人には痛み対策として、連射(3連or6連)モードや出力切り替え(10段階)などの対応もできます。

ケノンの古いバージョンをお持ちの方で、「スリムカートリッジ」が使えるタイプのものであれば、『スリムCT』もオススメです。現在は廃盤になっているスリムカートリッジは、口径がストロングと同じ大きさ(1.5×3.0=4.5㎠)なので、目元やオデコにはもってこいです!

実はケノンの前機種『イーモリジュ』が意外と使える?!

ケノンは常に進化している脱毛器で、「ケノン」になる前の前機種には「イーモ」「イーモリジュ」という歴代の脱毛器の存在があります。

イーモはすでに生産を終了していますが、イーモリジュは未だ現役!公式販売サイトで購入することができます。

今回の目元・おでこの脱毛では、このイーモリジュの極小カートリッジ(ケノンと比較した場合)が活躍します!

イーモリジュの脱毛用カートリッジ(当時は脱毛用と美顔用が各1種類のみ)の口径は1.5×2.9=4.35㎠
と、ストロングCTよりも小さいんです!

確かにその他では、前機種ということもあって様々な面で機能的に劣る部分はありますが、それでもその当時は年間売上ランキング(2011年度)第1位というほどの脱毛器。しかもまだまだ現役バリバリで活躍しているというのにはそれなりに十分な性能が認められているからでしょう。

今ではケノンオタク(通称ケノラー)と呼ばれる人も出てきているほどケノンには多くのファンがいます。”ケノラー” であれば、全ての機種を揃えたい!と思うもの。

イーモリジュのカートリッジのみの販売はすでに終了しているため、このカートリッジを手に入れて、晴れて使うことができるのはイーモリジュ本体を購入した人のみ!

「イーモリジュ」購入のご検討はこちらから ↓
美顔器

 

目元やオデコへの最適な照射レベルは?

照射レベルに関しては痛みとの関係もあることなので、個人個人最適なレベルが違ってきます。照射出力が高い方が当然効果も高いというのは常識ですが、ただ出力を高くするだけでは脱毛効果には結びつかない場合もあります。

脱毛効果が出やすい照射出力は、10段階のうちのレベル「5」以上とされています。ストロングカートリッジを使うのなら低いレベルでもかなりの威力をハッキできます。

照射レベルを決定する際は、必ず少しずつレベルを上げるようにしましょう。「顔」という、人の第一印象を決定づける大事な部分ですので、イキナリ高いレベルで照射して肌トラブルを起こしてしまったらそれこそ目も当てられません。

ケノンで目元・オデコの脱毛をするメリット!

顔脱毛は鼻下だけでなく鼻上。目元やオデコも含めて、顔全体を脱毛処理することによるメリットはかなり大きいです!

◯ 前髪をあげてオデコ全体を出し、明るい印象を与えられる.
◯ 顔のトーンがワントーン明るくなり、肌にツヤ感が出るのでハツラツとした印象.
◯ 普段使っている化粧品の浸透率が高くなり、肌状態が改善!ファンデーションのノリも格段によくなり化粧崩れも少なくなる!
◯ オデコを出すことに抵抗がなくなるので、どんな髪型にもチャレンジできオシャレの幅が広がる.

やはりケノンで顔の気になる部位を自分で処理することは正解のようです!
 
 
自宅で本宅脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」
ケノン 眉毛